ページの本文へ
山口大学のページへ

宇部市「テクノロジー×アート」チャレンジ講座【平成30年度】(山口大学工学部2単位)

先端テクノロジーとアートが自由に融合する新分野を切り開く,地域イノベーション人材の育成を目指す「テクノロジー×アート」チャレンジ講座は、今年で3年目を迎えます。宇部市,山口大学工学部、宇部工業高等専門学校の3つの機関が協力して開催し,学生と企業,一般の方が一緒に学ぶ比類なき講座として、年々進化を遂げて来ました。
平成30年度の前半は、3つの演習を、都市や建築の照明デザインの専門家、デジタルテクノロジー・アートのチームラボとYCAMの講師が各々企画し、互いに影響を与え合う構成をとります。後半は、電通などの講義を準備中で、全講義の集大成を宇部市イルミネーションフェスティバル「トキワファンタジア」にチーム創作出展とWebポートフォリオ発表を目指します。

New!! 第1演習シリーズI「キャンドルTech × Art で魅せよう in 宇部」(4/19, 6/14, 7/12, 12/4)がスタート!
講師:稲葉 裕、内田 文雄、小柴 満美子

最初の演習は、宇部の街を舞台に、照明デザインが既存の環境を新たな魅力的空間に変える方法を探り、学びます。
チームで、ろうそく300本による照明デザインに挑戦してみましょう。 ⇒ 4月19日講義説明 [PDF:1MB]

「テクノロジー×アート」チャレンジ講座 シラバス
2017演習作品「Moving Lightのプログラミング制御」
「テクノロジー×アート」チャレンジ講座 2018ポスター[PDF:3.59MB]
Copyright (C) 2016 Yamaguchi University Faculty of Engineering.